あやもよう

| CLCAHOME | あやもよう |

あやもよう

本の紹介(あやもようでお馴染みのお二人の本を紹介します)

「10のキーワードで味わう「論語」
智恵を読み解く古代文字    安田登著  春秋社1,680円  
「日本力」  松岡正剛・エバレットブラウン著  パルコ出版 1,680円 

機関誌「あやもよう」について

CLCAの方向性を示すさまざまな分野からの実践報告や提言を掲載します。具体的な活動スケジュールや会員などからの情報交換は、「あやもよう広場」でお知らせします。

~今までに登場した主な人々~
龍村 仁(映画監督)、佐藤 初女(森のイスキア)、真弓 定夫(小児科医)、押田 成人(神父)、外山 滋比古(英文学者)、佐藤 学(東京大学教育学教授)他多数

あやもようとは
 「あやもよう」っていうのは端的に言うと、比べるなということだ。それはそれっていうことなんじゃ。考えてごらんなさい。生死一途じゃ。死ぬことも生きることも、一つなんだからな。そういうふうないろんなことが全部「あやもよう」として必要じゃ。きれいということも、きたないということも、人間の寸法だけのことで、そんなものは本当の世界にはありませんのじゃ。「あやもよう」の姿をそのまま、自分がどーんと受ければ、それでいいのじゃ。色々な模様があって、どれが悪いということでないということなんだ。「あやもよう」のままに充分に生きていかれることが一番大切やと思うね。
(大雄山最乗寺山主/前CLCA顧問 余語 翠巖(故人)