生活合宿体験

-生活体験合宿-あそぶ・たべる・ねる・つくる・まなぶ

丹沢山中にある古民家とログハウスで山の暮らしを体験します。

 いろいろなところから集まったおとな、子ども、赤ちゃんまで5~60人のにぎやかな家族で1泊~2泊の山の生活を体験します。山の暮らしでは火を起こす、ごはんをつくる、掃除をする、まきをつくる、思いっきり遊ぶなどなどに、思わぬことも加わってやることがいっぱい。食事は身体にやさしい穀物菜食。かまどで炊いた無農薬米は絶品です。
現代人は便利になり過ぎて、本来持っている感や勘の能力が開発されにくくなっています。そこに加えて幼児期からの早期知的教育やゲームなどのバーチャル体験が多くなり、実体験が不足することによって、先を考えながら行動したり決断する力が養われにくくなっています。スケジュール通りに生活するのではなく、その時その時変わっていく状況(天気や必要な作業など)に即応していく生活力をつけていく場所です。

薪割りやかまどでご飯炊き、石窯でのパン焼き、陶芸をしたり。ゲストのワークショップもあります。

場所 市間寮

ご飯炊き.JPGFH020003.JPGDSCF3151.JPG
クリスマス会.JPGDSCF3174.JPGDSCF3209.JPG

「生活体験合宿は自分たちの生活の見直しのチャンス!」中島デコ

 CLCAの生活体験合宿は基本の食事や考え方がマクロビオティックです。でも、どこにもそんな風に詠ってない。マクロ的な食事があたりまえという雰囲気があって、少しも押し付けがましくない。食事だけでなく、生活全体が無理強いではなく選択肢がいろいろあって、子ども達が好きに選べる自由さがいつもある。しかしそれでいて、やる時はやる。しまる時はきちっとしまる。いい事はする。悪い事はしない。力の出し惜しみはしない。という当たり前だけど、大人でも案外と普段できていない意識が全体に浸透していて、とても気持ちの良い空間を作っているのです。